応募書類作成のポイント【職務経歴書① 形式】 | オカジョブキャリア

応募書類作成のポイント【職務経歴書① 形式】

『編年体式』 経験した仕事を年代順、時系列に記述する方式。
『キャリア式』 経験した仕事の中身を業務別にまとめて記述する方式。

どちらの形式もそれぞれに特徴があり、どちらが良いとは一概に言えません。
経験してきた仕事の内容から考えて、どちらが分かり易いかという観点から選択しましょう。

それぞれのポイントを紹介します。



【 編年体式 】

    1. 今までの職歴が順番に一目で分かります。(直近から遡る形式もあります)
    2. 社内の異動や昇進等で仕事が多岐にわたる人や、逆にキャリアの浅い若い人向けです。
・入社から現在に至るまでを、変更項目があるごとに順番に記入します。(変更項目:勤務先、部署、環境、役割など)
・会社や部署の概要を記入します。
・そこで担当した業務内容を箇条書きで記入します。

編年体

【 キャリア式 】

      1. 今までの職歴を内容ごとに把握できます。
      2. 求職者側・・・自信のある実績を強調できます。
        採用者側・・・職歴のポイント、適性が見極めやすい。
・職務内容を業務毎やプロジェクト毎に分けて記入します。
・各職務内容に見出しをつけ、内容は箇条書きにします。
・表形式などで、項目が一目で分かるようにします。

キャリア
キャリア式は職務内容毎にまとめる為、経緯が分かり辛いという問題がありますが、
『編年体』と組み合わせて構成することで解消できます。
つまり、年代順に業務毎を記入していくのです。

技術系の方や、様々な職種での転職が多い方、社内異動が頻繁だった方などは
この「編年体・キャリア併用形式」で作成してみるとよいでしょう。
ご自分のこれまでの経験を振返り、最も適しているものを選択しましょう。

ミックス