応募書類作成のポイント【履歴書④ 趣味・特技】 | オカジョブキャリア

応募書類作成のポイント【履歴書④ 趣味・特技】

履歴書の項目で、「趣味・特技」は、求職者の方から案外重要視されていないようです。
『仕事とは関係ないから適当に書けばよい』
『どうせこんなところまでは見ないだろう』
等と考えていないでしょうか?
そうであれば、折角のチャンスを逃している可能性があります。



豊富な実務経験やスキル・技術をお持ちの有能な方であっても、
【人柄】が企業と合わなければ採用に結びつかないケースもあるのです。
会社が採用しようとしているのはロボットではなく、感情を持つ【人間】なのです。
「仕事ができれば誰でも良い」と思っている訳ではないのです。
仕事以外の様々な事に、どのように興味・関心を持ち、取組みをされているのかを知りたいのです。
 

もし、あなたが面接をする場合、以下のどちらの方を採用しますか?

 
A氏-----------------------  
趣味 : ゴルフ
特技 : 空手
B氏-----------------------
趣味 : 【ゴルフ】毎週日曜日の早朝に練習場に通っております。
      昨年のコンペで、OBを7発打っても100を切った事を自慢としております。
特技 : 【空手】高校・大学の七年間、空手部に所属し、三段位を所有しています。後ろ回し蹴りを得意技としております。
-------------------------

具体的な説明やエピソードがあると、その方の人柄が解りますね。
下記は趣味特技の一例です。ご参考まで。
 

【趣味】

 
楽器 : トランペット演奏 一般吹奏楽団に所属しております。
読書 : 自然科学のジャンルが好きで、最近は「アリと人間」を読み、蟻の生態を詳しく知る事ができました。
野球 : 中学時代から現在まで続けております。高校3年次には甲子園へ出場致しました。
 

【特技】

 
料理 : 一人暮らしが長かった為、手料理を得意としています。
語学 : 米国への留学と就業経験があり、英語には自信があります。ビジネス会話も可能です。
 

【得意な学科】

 
「得意な学科」については新卒者用とお考えください。
よって記入する必要はありません。
その代わりに、「得意分野」として、これまでの経験や実績を記入されるとよいでしょう。
<記載例>
得意分野 : データの収集・集計・分析を得意としています。